たまりば

  出産・育児 出産・育児  調布市 調布市

2009年07月06日

恥骨痛について画期的な説明

昨日の骨格図を探してくれるとき、とーさんは最初
「恥骨 画像」と検索して、えろいサイトいっぱい出しちゃって大ウケしていた。
この記事タイトルもへんなアクセスいっぱいきたら困るけど。
でも、同じ症状の人のためにあえてこれでアップしてみますw

鍼灸院の院長が教えてくれた現状は、あかごの頭が恥骨に引っ掛かって圧迫してるってこと。
骨盤の真ん中の継ぎ目に、ちょうど頭がはまると、そこから降りてこれるはずなんだって。
なるほど!

「まだ降りてきてない」といわれるのに、なんで痛いのか全然わかんなかったので、すごい開眼です。
もともと、骨盤の右側(たぶん前側)が開きぎみに歪んでるとこに、前掲で走ったから、はまっちゃいけないとこにはまってたってことなのね。

仰向けになって腰を少し上げて、おなかを揺すると、位置の調整ができると言われてやってみたら、痛いの治った!

これで立てるし歩けるし、四股だって踏めるよ〜。
※なかなかあかごが降りてこない人は四股を踏むといいらしい。




  • 同じカテゴリー(4歳児と妊婦の日常)の記事画像
    ひつまぶし食べて景気づけ
    廃業届
    お昼に前駆陣痛が
    ついでにおみくじ
    記念にポーズ
    せいさく
    同じカテゴリー(4歳児と妊婦の日常)の記事
     ひつまぶし食べて景気づけ (2009-07-16 13:02)
     廃業届 (2009-07-14 12:48)
     お昼に前駆陣痛が (2009-07-13 23:21)
     ついでにおみくじ (2009-07-12 18:00)
     記念にポーズ (2009-07-12 14:45)
     せいさく (2009-07-12 14:42)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    恥骨痛について画期的な説明
      コメント(0)