たまりば

  出産・育児 出産・育児  調布市 調布市

2009年05月11日

長女のストレス

里帰り出産か、家のそばで産むかが大問題なのは、べつに我々大人がどうかってことでなく、ひたすら姉になるさく坊にとってなんだよ、ということが、
どうもだーにはわかってなかったようだ。
考えたら彼は一人っ子だった。
無理ないのかも。

里帰りするということは、さく坊も連れてくってことで、数週間のあいだ保育園をお休みするってことだ。
その間は本人もよいのだが、問題はそのあと。
家に帰って、自分だけ保育園にいかなきゃいけないのが悲しいのですよ。
おかーさんと赤ちゃんが二人でおうちにいるのに、あたしだけ! って気持ちになるのです。
毎朝ごねることも想定しなければなるまい。

これは、今どんだけ赤ちゃんを楽しみにしてて、生まれて可愛がったとしても関係ないの。
だって、あたしだけのおかーさんだったはずなのに、突然そうじゃなくなるのよ。
私も長女だけど、30年たった今でも、妹ができたときのことは忘れてないのよ。

だったら最初から、家のそばで産んで、一日二日は休んだとしてもその後は保育園を休まず、ふつうの生活を続けるほうがショックが少ない。
助産院なら園のそばだから、産後一週間も毎日これる。

大人っぽい子だと余計に、周囲が何も言わなくても、「あたしはお姉ちゃんになったんだから、きょうだいに優しくしなきゃ」「がまんしていい子でいなきゃ」と思うもんだし。
それは人生最初の大事件なんです。

きょうだいは、これから長い一生、特にこどものうちは、よくも悪くも濃い関係の相手。
当たり前だけど、二番目の下に三番目ができるときはこれほどではないと思う。
親からの可愛がられ方に差を感じるとかは別にしてね。

この感覚が全然ないって、わかっててもいちいち驚くよw
これで少しは引越し急ぐ気になったかなあ。
ていうか、産むまでに引越しできるかどうか、里帰りするかしないかは、ほんとは妊婦の私や受け入れる実家にもすごい大問題なんだけど。
どーも、「どーにでもなるでしょ」と思ってるフシがあるんだよな〜。

「お姉ちゃんになったんだからがまんしろ」
とか、なにげなく言っちゃわないよーに、と今からくぎを刺してるのだが、なんかいまいち伝わってる気がしなくてちょっと心配ざんす。




  • 同じカテゴリー(3歳児とワーキングマザーの日常)の記事画像
    哺乳どうぶつなのあたしたち
     いいお産を迎えるのにできることのすべて
    行事が多くて忙しい
    秋から仕事どうしよっかな
     運命の・・・妊婦検診36週
    父の日ブラウニー
    同じカテゴリー(3歳児とワーキングマザーの日常)の記事
     哺乳どうぶつなのあたしたち (2009-07-23 16:00)
      いいお産を迎えるのにできることのすべて (2009-06-26 13:28)
     行事が多くて忙しい (2009-06-25 19:31)
     秋から仕事どうしよっかな (2009-06-23 19:12)
      運命の・・・妊婦検診36週 (2009-06-22 16:10)
     父の日ブラウニー (2009-06-21 07:06)

    この記事へのトラックバック
    調布市エージェント:記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載しました。訪問をお待ちしています。
    ケノーベルからリンクのご案内【ケノーベル エージェント】at 2009年05月12日 16:51
    この記事へのコメント
    そうね、赤ちゃん返りは絶対ありそうね
    自分も弟が生まれた時
    今まで自分に注がれていた大人の目が
    全て弟に向けられていたのを今でも記憶の底にありますもの
    Posted by andy影○ at 2009年05月12日 06:42
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    長女のストレス
      コメント(1)