たまりば

  出産・育児 出産・育児  調布市 調布市

2009年02月09日

想像力を使いこなすということ

こどもの頃は右脳が先に発達するという。

車の中など、退屈なとき、娘はよくディズニーのDVDの場面をなぞる一人芝居をしたり、前の夜みたテレビ番組の登場人物が「あーなってこーなって、なんとかだからこーなったよね」とのべつまくなし、描写したりする。
そんな時はこっちも負担にならない程度に、うんうんそーだね、あの人はどうしてこうしたんだっけ、と適当に合いの手を入れて相手をする。
彼女の脳裏には、映像が浮かんでいるんだなーと観察しているのだが、あるときその映像が突如、脈絡なく、全然別の場面に変わってることがある。

例えば、はねとびの話してたのが、まったくシームレスに白雪姫の一場面に変わったりするのだ。
あれ、それは白雪姫のこと? ってこっちが確認して初めて、本人も話題が変わったことを意識したふうになる。意識したからって自然体のままだけど。

寝てるときの夢の場面転換みたいなんですよ。
脳のふしぎな動きを、目の前で見せられてるみたいでおもしろいの。

でもさ、すごい想像力・イメージ力なんだけど、じゃあってことでなんかの時に、
「考えてみてごらん」とか「想像してみてごらん」
っていってもまるでぴんとこないんです。
スイッチは、制御できるとこにまだないんだね。

よくビジネス場面でも想像力つけろとかいうけど、想像力ってあるだけじゃ使えないんだな。
というか、こどもはみんな想像性豊かなんだから、潜在的にはどんな人でも想像力を持ってるのよね。
鍛えられるとしたら、イメージを自在にコントロールする能力のほうなんだな〜なんて、いらんことが浮かぶのであった。





  • 同じカテゴリー(3歳児とワーキングマザーの日常)の記事画像
    哺乳どうぶつなのあたしたち
     いいお産を迎えるのにできることのすべて
    行事が多くて忙しい
    秋から仕事どうしよっかな
     運命の・・・妊婦検診36週
    父の日ブラウニー
    同じカテゴリー(3歳児とワーキングマザーの日常)の記事
     哺乳どうぶつなのあたしたち (2009-07-23 16:00)
      いいお産を迎えるのにできることのすべて (2009-06-26 13:28)
     行事が多くて忙しい (2009-06-25 19:31)
     秋から仕事どうしよっかな (2009-06-23 19:12)
      運命の・・・妊婦検診36週 (2009-06-22 16:10)
     父の日ブラウニー (2009-06-21 07:06)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    想像力を使いこなすということ
      コメント(0)