たまりば

  出産・育児 出産・育児  調布市 調布市

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2007年10月31日

いってきまーしゅ

image/naga-matsuge-2007-10-31T17:40:40-1.jpg
母とお出かけよりも父とお砂場を選んだよ。

寝るときも、母べったりだったのが父のほうに寄っていくように。
くぅー。自由! 安眠!

  


  • 2007年10月30日

    街かどソース

    image/naga-matsuge-2007-10-30T23:45:41-1.jpg
    なんだか鬱憤が溜まってる感じの週。

    痛いとこを突かれた上に、たまたま話ができる場がない日が重なったようで、どよーん。澱む〜。
    めざましテレビの運勢ランキングで、ずっと浮かんでこないのとかにやられてる。
    身体もふしぶしが痛いのだ。

    あ〜〜逃避したい。

    らくちんなめんつと飲みに行って発散しなければ。  


  • 2007年10月29日

    怒ってるんだからね

    image/naga-matsuge-2007-10-29T22:15:57-1.jpg
    うちの娘は怒りんぼうだ。

    注意されるのが気に入らない。
    自分が悪いのに、
    「さく、怒ってるんだからね!」
    だってさ。逆切れでんがな。

    園でもお友達にイヤ! ダメ! を連発している様子。
    友好的になれない、きみがいちばん嫌なやつになってるよ。
    と、口では言うけど、この顔には笑っちゃうぞ。

    私もだーさんも、ちびのときこんなにカッカするタイプじゃなかったから、対応こまるんだよなあー。
    怒って育ててないのに、なんで怒る子になるのか。

    ま、早熟だからしかたないと割り切ることにしてます。
    せめて逆切れ以外の表現をはやく覚えてくれ。
      


  • 2007年10月28日

    読書の秋

    image/naga-matsuge-2007-10-28T19:55:12-1.jpgimage/naga-matsuge-2007-10-28T19:55:13-2.jpg図書館の魅力がわかったさくどん。
    文字数が多い本でも、とうさんがわかりやすくはしょってくれるらしく、熱心に読んでおります。
      


  • 2007年10月24日

    そんなの関係ねぇ!

    image/naga-matsuge-2007-10-24T22:52:38-1.jpg
    さくどんは小島よしおが大好き。

    父と母のはだかんぼ姿は前から好きだが、最近では
    「よしおみたいだねえー! しょんなのかんけいねえー! おっぱっぴーっ!!」
    と大はしゃぎ。
    最後は豪快に布団に倒れ込むのが、わが家の笑いの星である彼女のオリジナリティ。

    働きマンはいかにも日テレっぽく、深みに欠けるのだが、華やかでわかりやすいのでこれもアリだなと、ついつい見てしまう。
    いずれ働きマンに化けるかもしれない後輩ってワクワクするよな!
      


  • 2007年10月23日

    とうさんの功績

    image/naga-matsuge-2007-10-23T22:01:49-1.jpg
    とうさんは人から温厚と思われているが本当は、「浮き沈みの少ない人」だ。つまりクール。
    そうはいっても、さくどんにはかなり優しいし意外なくらいベタ甘なことも多いのだが、今朝はきれた。

    こどもは朝とは忙しいものだなんてわからないし、急がせるのは大人の都合な気がして、なんか私は強く出れなかった。
    慌ただしいと朝ごはんを食べないので、それが栄養的にも気になるので、なんとか食べてもらおうと粘ったり。
    しかしそれで割をくうのは送り担当のとうさん。

    最初はいつもどおり宥めたり「とうさん行っちゃうよ! さく置いてっちゃうよ、お留守番するの?」脅したり、いろいろしていたと思う。
    母は、薬を飲ませたり急に鼻血をだしたのでティッシュを詰めたり、やることが増えてばたばたしつつも、仕度が進まない。
    肝心のさくどんはなかなか出かけるモードにならず、やだやだ言ったりふざけたりテレビを見たり。わざとぐずぐずして、どうなるんだろう? とちょっと試してるみたいだった。
    とうさんはとっくに遅刻タイムに入ってたらしく、そうこうしてる間に、ホントに先に行ってしまったのだ。
    こらー!

    私が送りにいったら、私が遅刻なのだ。
    ただ急かしてもわかってないんだから、怒ったってしょーがないじゃん!
    しかも、今度から駄々こねたらかあさんが送ってくれると思っちゃったら意味ないよ〜。

    と一度は思ったが、仕方なく駅と反対方向に向かいがてら、さくどんにこんこんと説明した。
    とうさんが怒っちゃったこと。
    とうさんもかあさんも、お仕事に遅れたら怒られちゃうこと。
    さくは、起こされたらヤダヤダって言うけど、とうさんが起こしてくれなかったらさくは保育園にいけないこと。
    だから、起こしてくれてありがとうって言わなきゃダメなんだよ。

    さくどんは神妙に聞いていた。
    ああー。ちゃんと言えばわかるんだよなー。

    保育園についてからは、朝の支度がいろいろある。
    与薬カードを書いて出す。
    保護者会のプリントを、他のクラスの担当の方の連絡ポケットに入れにいく。
    昨日私のせいで持っていけなかった布団カバーと毛布カバーを掛ける。
    みんなもバタバタだ。

    とうさんは毎朝こんなにいろんなことをやってくれているんだねえ。
    ほんと、ありがとうって言わなきゃダメだよね。

    「おとうさん怒っちゃったの・・・」
    しょんぼり先生に報告するさくどん。
    先生は、「あらあーさくちゃんのおとうさんは怒らない人かと思ってたわあ〜」と笑っていた。
      


  • 2007年10月22日

    粘土とモールでケーキ屋さん

    image/naga-matsuge-2007-10-22T23:21:32-1.jpg
    さくどんはずいぶん進化した。
    熱から復活したときそう見えることが多い。

    一人で遊びに集中する時間が長くなった。
    園からの帰り、抱っこをせがまず、自転車置場から玄関まで走るようになった。
    自分から、今日のお散歩の場所や、楽しかった遊び、お友達のこと、おひるごはんやおやつのことを報告してくれるようになった。
    どれもここ数週間のこと。

    身長は約92センチ。体重は変わらず。
    平均よりだいぶ大きい。二歳半のパーセンタイル90。
    喜々として背が大きいことを伝えると、だーさんたら「しずちゃんか・・・」と呟いてた。
    (゜-゜) まあ、、、森理世とかではなさそうだよね。

    今日は、粘土にはまっていろんな色のモールを「ぷすっていっぱいしたのー!」
    お誕生日会好きの心をくすぐる遊びですな。
      


  • 2007年10月22日

    とうさんはマニアなチョコミントファン

    image/naga-matsuge-2007-10-22T23:18:41-1.jpgimage/naga-matsuge-2007-10-22T23:18:42-2.jpg週末は熱を出し、咳止めシロップを大量に飲んでしまうトラブルが発生したさくどん。

    ふー、あせったね。
    でもすぐ元気になった。
    アイス食べたせいかな!  


  • 2007年10月20日

    今年もお疲れ様でした

    image/naga-matsuge-2007-10-21T11:44:45-1.jpgimage/naga-matsuge-2007-10-21T11:44:45-2.jpg上半期の現場が終了。
    本当に忙しいけれど、毎度得るものが多い数カ月です。

    最終日の今日、思いがけず、リーダーから温かく、ありがたい評価をいただけたことが、最高のごほうびになった。
    この業界で私は最若手なのだが、そのことは自分では失敗したときや至らなさについて「若いからまあこれくらいで仕方ないな」というように、大目に見てくれる材料程度にはなるかと思っていた。
    それが、むしろすごくいいほうに受け止めてもらえたようだ。
    「あなたよりいくつか上の人なら、事務的な処理や進行管理はかっちりとできる人が多いんだけど、あなたは逆だね。若いのに、どこで身につけてきたのかふしぎだけどカウンセリング力がかなりある」
    意味を飲み込むまでしばらくかかった。
    おおー(゜o゜)/ 褒められた!

    また調子に乗ってしまいそうだなー。
    だけどうれしい。
    私のリーダーはすごく偉い人で、春にこの配置決定を聞いたときにはものすごくプレッシャーだったのだが、本当に気さくな人だった。
    彼がクラスのみんなに最初に教えた、CoolブレインWarmハートでもって、私に自由に、なんでもやらせてくれた。

    彼と一年目の私が組んだのは、ある種の早期教育だったのかもしれないな。
    目に見えないものだけに、維持したり向上するのも難しいけど。
    でも、せっかくの高評価をふいにしないよう、下半期は来年に向けてもっと力をつけないとね!

      


  • 2007年10月18日

    キムチオンザ ゴーヤ麻婆豆腐

    image/naga-matsuge-2007-10-18T09:20:56-1.jpg月・火・水は母がお迎え&夕飯当番です。
    夕飯を作る工程をいかに削って早く食べるかが最大のテーマです。

    朝のうちに、炊飯器のタイマーをかけるとか一応考えたこともあるがわが家向きではない。
    なぜなら、帰りの気分で外食したりデリバリーしたりという選択肢がなくなるじゃない?

    なので、お迎えの自転車でいつもさくどんと、「今日ごはんなんにしよっかー?」「えっとねさくはね、しろいごはんがいいー!(だいたいこう答える)」と相談している。

    【最近の黄金パターン】
    帰ったらすぐ二人で手を洗う。
    さくどんはいつまでも泡ぶくぶくしているので、その間にりんご四分の一の皮を剥いて、10等分くらいに切る。銀杏ぎりよりやや大きい程度。
    泡を流したさくどんが、細かいりんごを大事そうに食べる間におかずを準備。
    りんごがなくなって、手持ち無沙汰になったら、だいたいDVDをせがんでくる。
    さくどんはTVの前とキッチンをいったりきたりしながらも、20分程度見終わる頃にはおかずが二品くらいできてる!

    うーむ、書いていて黄金と呼ぶにはレベルが低めであるのがやや淋しい(笑)
    ちょっとでも凝ろうもんなら、工程が10分とか20分とかのびてしまい、さくどんのリズムが狂ってしまうので、まずはこの時間配分をキープできればっていう、目安かな。
    前には、当番じゃないほうが食材を買い物してくるとか話していたのだが、当番の日に片付かなかった仕事をためてるのでそんな余裕はまったくない。
    したがって物理的に食材がない! ということが起こり、そうするとお迎えのあとさくどんを連れて買い物にいき、それから作り始めるのでとても黄金パターンどころではない。

    それでまあ、わが家はちびがいるにも関わらず外食が多い。しかも居酒屋。
    家計も味や栄養面でも、食育面でも、理想的ではないなーと気にはしているのだが。
    でも、外食だとゆっくりさくどんと話ができるんだよね。

    というのは前書きで、今日の本題は麻婆豆腐。
    カレーや麻婆豆腐のような、大人は辛くしたい食べ物をどうするか。
    もっと小さいときは、大人向けのカレーに、牛乳をいっぱい入れたりしていたのだが、最近ではそれが全然だめになった。
    かといって麻婆豆腐なんて、すぐできるのがいい料理を別鍋で作るのは時間がもったいないー と思い、今回はキムチを後乗せにしてみた。
    うまーい。
    とうさんは辛みが足りず結局、トウバンジャンを後乗せしていたが、先に炒めないとおいしくないよね?

    さくどんはゴーヤもおいしがってぺろりと平らげていた。なんとなくすごい。
      


  • 2007年10月16日

    女芸人特集

    image/naga-matsuge-2007-10-16T23:58:57-1.jpgさくどんは系列でいうなら森三中系だなあ。
    美人系ではないが、福顔とでもいいますか。
    ほっぺたの感触は奇跡の大福なのだ。

    笑えて、泣けて、余分な力を抜いてくれる。
    うちの芸人、いいシゴトしてくれてます。  


  • 2007年10月16日

    かなしいこと

    ずっと前から、もうかれこれ十ヶ月くらいずっと、真剣に願っていることがある。
    毎回、あー今回も残念でしたってことになって、気分がふさぐ。

    まだ、あきらめるような段階でもないと思うし、毎日悩んでるようなことじゃない、だから重い悩みだなんて思ってない。

    ただ、かなしい気持ちがあたりに充満するんです。
      


  • 2007年10月15日

    とうさんお誕生日おめでとう! のてっさ

    image/naga-matsuge-2007-10-15T21:46:48-1.jpgimage/naga-matsuge-2007-10-15T21:46:48-2.jpg同じ月の誕生日なので、なんとなく私が洋食、とうさんが和食みたいに分かれるのがお約束。
    付き合い始めて最初の、だー誕にも、フグ屋にいったなー。秋の味覚だね。

    母風邪につき、気張ってお店のリサーチもできず、近所のフグ屋(千歳烏山、玄品ふぐ)&プレゼントはシルクの五本指ソックスです。
    普通の平日だからね、気軽にみんな楽しくてこれもよし。

    お刺身を今まで好まなかったさくどんが、ここで突然てっさをお代わり。
    そして鍋奉行に変身し、春菊を文字通り鍋に投げ込んでいる!  


  • 2007年10月13日

    そのウクレレ高いんだよ〜

    image/naga-matsuge-2007-10-13T23:38:32-1.jpg
    結婚式でだーさんがお嫁においでを歌った時のウクレレちゃんだが、その前のバレンタインだかに珍しく「これがほしー」とリクエストされた物でもある。
    当時ではもっとも高価。

    さくどんはからくりテレビのりゅうのすけバンドに影響を受けている。
    「さくもおんがくやりたい〜」
    「ギターと、ピアノと、お歌だったらどれをやりたい?」
    「えーとね、ギター!」
    とのことですよ。

    母は昨日から風邪でダウン。
    せっかくの休みが〜・・  


  • 2007年10月12日

    働きマンシューズ

    image/naga-matsuge-2007-10-12T23:06:33-1.jpg生まれてからの顔は、結構かわったなーと思うのだが、寝顔はあかごの時と同じだねえ。

    昨日は朝、出社してから訪社が決まり、すちゃらかな恰好をして行くはめになってしまった。
    派手なスカート、スニーカー。
    今日は一応、前から決まっていた訪社なのだが、コレという恰好が選べない。
    靴が特にダメ。季節が代わったら、働く女ふうの、三十路に相応しい靴が全くなく、いかにも重くなったこどもを抱えて自転車に乗る用ラインナップなのだった。

    駅で通勤のギャル達の靴を見渡しながら考える。
    ううむ・・・若いときと全然ちがう意味で、見た目に気を使うべき年頃になってるんだよねー、とっくに。
    ドラマ働きマンより五歳くらい上いってますから!

    といいつつ、働きマン路線からは離脱しているので、ほどよくゆるい今の私「らしさ」を見た目で表すってことなのかもな。
    若作り万歳。  


  • 2007年10月11日

    おねだり

    スーパーでじゃがいもの特売を買ったら、数日前の生協の宅配で大量に届いてた。
    そしてまた次の宅配のために、じゃがいもお得パックを注文した気がする・・・。
    計画性に乏しいうちだ。と、責任の半分を回避。
    生協が届くのを確認する人と、注文する人が別々ということですね。

    さくどんは「おたんじょうび」にかけがえのない価値を感じている。
    今月は父母の誕生日が重なるのだが、そなお祝いの主役が自分でないことを、このごろになってやっと受け入れられてきた。
    もうすぐとうさんが誕生日だから、どこいこうとか話してると、すぐ
    「さくのおたんじょうびもきてほしいー」
    「さく、サンタさんにおたんじょうびくださいっておねがいするよ!」
    とせつなそうに言ってる。
    かわいいやつ。

    ちなみにさくどんの誕生日は六月なので、サンタに頼んでも半年かかります。
      


  • 2007年10月09日

    内弁慶疑惑

    image/naga-matsuge-2007-10-09T18:14:23-1.jpg
    同年代の子たちには、意地悪のつもりはないけど自分の陣地や使ってたおもちゃを固持しまくり。
    初めての大人たちの輪では、顔を隠して固まる。
    そんな我が娘は、今のところ、人付合いが苦手な様子。

    といいつつ、なんだか気持ちがわかる気がして、当初ほどは気に病まなくなった。
    ただ単に、どうしていいかわからないだけなのだ。

    さくどんは、ちっちゃい赤ちゃんや動物のことは大好きなんだけど、
    「カワイイ〜!!」
    と叫んで自分から駆け寄っても、相手が気付いてちょっとでもこっちにきそうになると後ずさる。
    適度な距離がわからないし、自分の領域が脅かされるような気がするんだよね。
    大人でも、レジに立っているお店の人とかは平気で、「くださいな」も「ありがとう」も言えるのは、役割がわかってるからと思われる。

    ちびの頃ってさ、人に対してどう振る舞ったらいいかわかんなくて、やりたいことはいろいろダメって言われて、本当に不自由だったなあー。
    これからずーっと何年も、あの不自由さを我慢しながら大人になるまで、へこたれずに生きていかなきゃならないのかと思うと、ちょっぴり気の毒にすらなってしまうのだった。

    ◎●◎
    写真は青空バッターボックス。
    よくいえばスロースターターの力の抜けた勇姿。  


  • 2007年10月07日

    そして草野球観戦

    image/naga-matsuge-2007-10-07T11:07:57-1.jpg
    一歳過ぎまでまったく人見知りがなかったさくどん、このところ大人の集まりに連れていくと、母にしがみついて顔を隠し固まります。
    知恵がついたのだね。

    三分ほどそのままでいると徐々にその場に慣れる。
    のびのびし始めキャッチボールしたくなったところ。

    ちなみに不戦勝同士で格上のチームと練習試合とあいなったのだが、珍しくみんなファインプレーで白熱した。
    とうさんは中でも一番冴えずじまい。
    かーさんがノックでもしてやるか?
      


  • 2007年10月07日

    昨日が運動会

    image/naga-matsuge-2007-10-07T09:49:21-1.jpg母は実習の仕事で、しかも年に一回の内申デーだったのだが運悪く日程が重なったため、父、それに妹いちごにでばってもらった。

    さくどんのクラスは出番も少なく、本人たちもあまりイベントとして認識しないため自由参加だったので、まあ、物見遊山。
    歌と踊りとレースのようなものは一応あったようだが、さくどんは周りを見てぽやーっとしちゃってたらしい。
    ムービーにはその断片が残されていたよ。

    来年は、実習の担当を平日にしてもらう決意を固めつつある。
    本番は次回だ。

    母は魂を抜かれたようになって帰宅。
    あーーづがれたーー・・・。  


  • 2007年10月04日

    ル・コントワー松喜@経堂

    image/naga-matsuge-2007-10-04T17:12:13-1.jpgimage/naga-matsuge-2007-10-04T17:12:13-2.jpg
    お箸で食べれるフレンチ懐石。
    飲み物はキールとベリーニ、いつもと違う感じの食前酒ですがこの後欲求に負けビール飲みました。
    写真の握りと名物フォアグラ丼が両方とも中締めなのがふしぎw
    image/naga-matsuge-2007-10-04T17:12:13-3.jpg
    魚料理はえび、肉料理は黒毛和牛で、えびなんかほとんどさくどんに食べられてしまった。
    「もっとー!」って、ちびこよ、ちょびっとずつ食べるのがフレンチなのだよ〜。
    image/naga-matsuge-2007-10-04T17:12:13-4.jpgimage/naga-matsuge-2007-10-04T17:12:13-5.jpg
    デザートは、通常版と記念日版とたっぷり。
    このフォンダンショコラがまたどかっと胃にすごい衝撃を与えてくれるのだった。鼻血でちゃう!

    このお店にはかなり昔、実家のママりんの竹馬の友に連れてきてもらったことがある。
    昔すぎて店の名前が思い出せなかったけど、一番インパクトのあったメニューと地名で検索したら見つかった。それはフォアグラ丼です。
    今週末、ぶらり途中下車の旅という番組に出るらしいよ〜。

    さくどんは早々に飽きて裸足でうろうろ。
    居酒屋がOKだと思って油断した。
    ちびには、食べ物がゆっくり出てくるとこはダメダメだね(笑)
    しかしよく食べました。
    夜中うなされてたけど、カロリー摂りすぎじゃないでしょか。