たまりば

  出産・育児 出産・育児  調布市 調布市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2009年07月27日

ブログ引越しました

娘2誕生記念。

新しいURLはこちらです♪
http://ameblo.jp/soratoato/


  


  • 2009年07月25日

    作品とポーズ

    家族思いの娘2ちゃん。
    9時半からしこたま乳を飲んで、朝5時まで寝てくれました。
    みんな寝れたよ!

    ふつう新生児は、ある程度慣れてようやく3時間おき。
    慣れるまでは、毎時間泣いて乳を飲むのも当たり前なので、7時間睡眠ははっきりいって異常値だと思う。
    飲ませすぎだな。。。
    胃拡張にならないか心配。

    さく坊さんはビーズアートと水彩&サインペン画でじいばあを驚かせている。
    確かに、左右対象とか、色の配列とか、毎回凝っててなかなかの感じかも。
    空想遊びの「うちの○番目のねこちゃんを捜せ」をやってたら小説家を目指させろっていうし、ビーズやってたら芸術の才能を伸ばせっていうしw
    母は彼女を女子アナにしたいんだってば。

    そして娘2は理系に育てて、産科か精神科医師にしたいのだー。あはは。


      


  • 2009年07月25日

    ナメててすみません

    搾乳の哺乳瓶は吸い口の穴が大きいらしく、簡単にたくさん飲めてしまう。
    片やリアル乳は、生後一週間のパワーではなかなか思うように出せない。

    ラクして哺乳瓶やおしゃぶりに頼りすぎると、リアル乳から飲むのがより大変になりお互いツライことがわかった夜でした。
    昼間はぐーぐー寝るけど、夜は3時間とかがんばっちゃうやつなの。
    しかもくわえ方が痛い。口が小さくて傷口をごりごりされる上、たぶんうまく出ない位置に何度も戻るので、口の中で玩ぶだけでちっとも満腹にならない様子。
    吸わせてウトウト、置いたら目覚め、を繰り返して朝になりました。

    寝不足と肩コリと、あと多大に貧血のため、乳飲ますと頭ガンガンするよ・・・。

    今日はさく坊が保育園をお休みする日だったのもあるかな。
    せっかくの機会だから週の半分くらいは家にいさせてあげたいと思うんだけど、かまう余裕全然ないし、でも気は使うからねえ。

    おばーちゃんが主に相手してくれて疲弊してました。
    だーにも休みとってほしいが、忘れてたけど今週末、彼は試験なのでした。ひー。はやく終われ。


      


  • 2009年07月23日

    出血多量のわけ

    まだはっきりはわからないけど、一番可能性が高いのは、やっぱり胎盤が低かったせいではということでした。
    要するに、あかごが出るとき胎盤が邪魔になった場合、強引にはがれたりして傷が大きくなるってことらしい。

    あと、やけに水分の多いサラサラの血液だったらしいので、身体に水を溜め込んでたから量が増えたのもあるのでは? とも言われている。たしかに、妊娠初期から右足が象みたいにむくんで、鍼しても漢方のんでもよくならなかった。
    ただこれは、さくの時も同じで痛くもかゆくもなかったから、あまり気にしてなかったのです。

    出血量は実に1リットル越え。
    ヘモグロビン値は7.8(入院時)→8.4(退院時)。
    ヘマトクリット22(入院時)→28(退院時)。
    って、自分ではわかりませんけど。

    医療従事者のママりんに言わせると、かなりのおおごとみたいで怖い話をいっぱい聞かされた。
    貧血は半年くらい治らない上に、乳を出しているのだから極力じっとしてろだって。
    え〜。



      


  • 2009年07月22日

    泣き顔は同じ

    泣き声がでかいのも姉妹共通。

    さく坊のときは、当たり前に泣いたら抱っこ、だった。
    その結果は、抱っこかおっぱいでないと絶対に寝ないあかご。

    今は泣いたら抱っこしてあげましょうという情報に統一されているので、どこんちのママとあかごもそんなもんなのだけど、
    稀に、自力で寝れる赤ちゃんもちゃんと存在する。

    泣いたら必ず抱っこ、というのは、ネグレクト防止のための母親教育って気がする。
    しかしこれで多くの新米ママちゃんたちはノイローゼ寸前になり、足腰を痛め、確実に睡眠時間を削り、下手すると健康も損なってると思うんだ。

    実家のママりんの時代は「抱き癖がつくから泣いても抱くな」、だったし、アメリカの本だと「赤ちゃんを一人で寝かす」ためのマニュアルとかが一般的だから、別にそれで性格に影響でるわけじゃない。

    なにごともバランス。
    というわけで、ちょっと泣いたときの対応を工夫してみよう。


      


  • 2009年07月22日

    違いを楽しむきょうだい育児

    姉妹が並んで寝てるのはほほえましい。
    だーが、二人の寝顔のほっぺたをつつき比べてるのを見るのも楽しい。

    二人とも起きてて同時にぐずぐずいうときは、大人は気が狂いそうになるけど〜w

    さく坊のときは、すべてが未知の経験で、いちいちびっくりしていた。
    娘2は、さくのときと同じだなってことと、こんなに違うのねってことの発見が楽しい。


      


  • 2009年07月21日

    退院

    やっと帰れました。

    しかし思いのほか、しっかり歩けないなー。

      


  • 2009年07月20日

    ブログ中毒

    元気でたら怒涛の更新。

    さくが生まれたときも、病室から毎日更新してました。
    ご興味ある方は、PCでは左のリンク「ひまわりとおんぷ旧館」から当時の模様が見れます・・・
    自分ち用には、専用サービスで本にしてますw

    記録せずにはいられない体質なんです。
    感じたこと、考えたこと、見るものすべてを忘れたくない! と強烈に思ってしまう。
    仕事のブログはブランディングですが、プライベートの記録は重ねていく人生そのもの、みたいな意味合いかも。

    そして仲良くしてくださるみなさんへの報告でもあります。
    お祝いコメント寄せてくださってありがとうございます! ほんとに嬉しいです。

    動けるようになったら、子連れでどこにでもいくので、また遊んでくださいね♪


      


  • 2009年07月20日

    元気でてきた

    たくさん食べて寝て、元気でました。
    娘2も早くもまるく、人間らしくなってきたよ。

    今日退院指導という名の母学級みたいのを受けてきたら、9人中経産婦は私だけ。東京は少子化か。
    おっぱいケアや、あかごの健康観察についてみんながいろいろ質問しているのが新鮮だった。

    まじめな人は、母乳にいい食べ物とか遵守するんだろうなあ。
    ツマるときはツマるし、あかごの飲み方にもよるし、なーんて余裕が出るのは、かなりたってからだよねえ。

    精神的にもそうだし、やっぱり、初産のときのほうが身体も大変だった気がする。
    今頃はなんといっても、会陰切開の縫い傷が超痛かった記憶があるよ。
    今日の教室でもみんな円座使って「つらいよね〜」って、抜糸の話とかしてた。

    あと乳割れ。
    出ないし血が出るほど割れるし、シャワーでも泣きたくなるんだよね。
    今回も少し傷にはなったけど、前よりかなりマシだ。

    後陣痛は、噂どおりかーなーり痛かったのだが、二日目がピークで今はわりと大丈夫。
    あーよかった。

    また次もつくる気がわいてきたよ(^-^)v

    あした退院できるかは検査結果次第。
    私の貧血具合とあかごの体重です。
    体重は今日までゆるやかな減少傾向。今晩どれだけ乳を出せるか、飲めるかが勝負だわw



      


  • 2009年07月19日

    お姉ちゃんは嬉しいけど

    母が入院してることや、はるばる出かける病院ではものすごく静かにイイコにしてないといけないことはかなりストレスなさく坊さん。
    本人的にはすごくがんばっていますが、あちこちぶつかって泣いたりキレたりふくれたり暴れたり。

    髪をかきむしり引っ張って抜きそうになってるのには仰天しました。
    トリコチロマニア、けっこう簡単になってしまいそうなのね・・・

    やっぱり離れ離れはみんなが大変。
    火曜に無事退院できますように。

      


  • 2009年07月19日

    健康とは何か

    ということが毎回よくわからなくなるお産関係。

    貧血の数字は入院後7.8まで下がり、今は毎日鉄剤を点滴されながら内服もしている。8を割るとほんとは輸血レベルといわれた。

    おそらく血がないせいで、経産婦なのに乳がたいして出ない&授乳により頭痛がして難儀した。
    後陣痛は、経産婦だからはんぱないわけですよ。
    乳をやり始めるとお腹と腰が、目が眩むほどギューッて痛くなり、その後ガンガン頭痛がしてきて、起き上がってられないので既に添い乳になりました。

    あかごの口がちいさいから乳首もいいポジションまで至らず割れ始めた・・・。これは、一回目のお産よりはかなりましなはずだけど、まあ全体的に痛くて痛くて痛いというのがこの二日の感想。

    こんなで、夜たいして寝れずに乳をつくるのは、ほんとに死んでしまいそうに苛酷ですわ。

    妊娠中の私と会った人は、なんて元気な妊婦だろーとみんな思ったと思うんだ。
    私も思ってたし。
    しかも、鍼だ漢方だっていろいろケアしてたわけです。
    なのに、このていたらく。
    自分の健康観を疑わざるをえない。

    しかも、それと関係なく出てきた人は元気という不思議。
    これはよかったことのほうね。


      


  • 2009年07月18日

    昼間はずっと寝てます

    運命のいたずら? 自分ではきっと選ばなかったであろう渋谷の日赤病院にきています。
    高そうだし、ブランドって感じで(^-^;
    しかしきてしまったからには満喫しますよ。

    二人目は楽とか言いますが、私としてはゼンゼンでした。
    一人目は促進剤でハラホロヒレハレで大変だったけど、痛み自体はよく覚えてないんだな。
    自然の陣痛はイタイし、しかも娘2は全然おりてこない。

    それでもついて2時間ちょっとで生まれてるのか・・・。
    いやー大変なことです。

    生む直前から、気持ち悪くなり吐いてスッキリ、を4回繰り返したのだが、自分としては、
    はあー終わった終わった、みんなありがとう、あとは寝よう、という感覚だったのに、その後話がおおごとになってびっくり。
    出血の合計が1200ミリを越えたそうな。

    急遽おばーちゃんにさく坊を迎えにきてもらう連絡を入れ、娘2を抱っこしただーと助産師さんとともに救急車に。
    運ばれたERでは驚くような人数に囲まれ、いっぱい針を刺され、さらに痛いことをいろいろされました。
    痛いよぉ〜〜〜(>_<)

    楽しみにしてた胎盤は今回も見れず、病理に出され出血原因の調査対象に。
    その後夕方までひろーい処置室にだー&娘2と放置され、結局そのまま入院となる。
    もー。なんなのよ。

    ってやさぐれたい気分になったし、しょんぼりしたさく坊が心配だったけど、まあ、娘2は無事らしいからよしとしましょう。

    実家ではパパりんと妹も早退してきて、さく坊の大慰め大会だったようです。
    けなげにしてたみたい。
    かわいそうにw

    だーは夕方までずーっと娘2を抱っこしていて、その後一度助産院に車をとりにいき、さらにその後娘1の元に駆け付けてくれました。
    愛ですね。お疲れ様です。

    私は娘2と病院でまんじりともせず過ごしたよ。
    眠い。そして痛い。

      


  • 2009年07月17日

    生まれたよ〜そして搬送されたよ〜

    朝7時ごろ娘2誕生。

    念願の助産院での家族立ち会いでしたが、
    なんとその後出血多量と嘔吐で救急車で病院搬送に。

    娘2は元気なようで何より。
    詳しくは明日。